ガンダム

、『機動戦士ガンダム』は子供より上の年齢層をターゲットとして制作され、ロボットアニメにおいても、現実味を持たせた物語や設定によって、高年齢層の視聴に堪えうる作品作りが可能であることを示すこととなった。主なストーリーは政治的に対立する2つの組織による戦争の中で、偶然、試作の軍用ロボットを操縦することになった主人公とその仲間たちが、戦火が拡大する中で必死に生き延びていく姿を描いた群像劇である。主人公たちはもちろん、彼らをサポートする人々や相対するジオン公国軍の兵士にも個性的な人物が多く、それぞれが信念や思想、哲学を持ってこの戦争を生き抜いている様子も描かれていることで、作品世界が豊かになり、厚みがあるエピソードやストーリーが多い。
posted by シャア at 11:59 | 日記

ガンダム

『機動戦士ガンダム』は、3機合体のロボットが主役の『無敵超人ザンボット3』、3段変形のロボットが主役の『無敵鋼人ダイターン3』に続くサンライズのオリジナル作品第3作として、富野喜幸(現・富野由悠季)を監督に据え、玩具メーカーのクローバーをメインスポンサーとして企画・制作された。

[編集]
作品の特徴とそれ以前の作品との比較
これ以前の1970年代当時は、一般にはアニメとは子供のものであるという認識、そして低俗なものでしかないという偏見があった。これは『宇宙戦艦ヤマト』や『ルパン三世』といった、高年齢層の視聴にも堪えうる物語を備えた作品の登場により徐々に認識が改まりつつあった。しかし1972年の『マジンガーZ』によってブームとなったロボットアニメは、従来の時代劇や冒険活劇同様、依然として基本的に勧善懲悪のストーリーで、すなわち強い正義感を持つ主人公が操縦する強力な巨大ロボットが技と武器を駆使し、悪の組織の敵ロボットや敵怪物を撃退し、最後に悪の組織を打ち倒して世界に平和を取り戻すというステレオタイプな物語であった。またロボットアニメは登場するロボットの玩具がメインスポンサーとなるおもちゃ会社の重要な商材であり、その売れ行きが番組そのものの命運を決めることから、主役ロボットには変形や合体など、玩具として魅力的なガジェット(仕掛け、機構)を備えることが求められた。これらのために、ロボットアニメは基本的に子供向けの作品という扱いが長らく続いていた。

posted by シャア at 11:57 | 日記

ガンダム

スペースコロニーへの宇宙移民開始を紀元とした未来世界、宇宙世紀0079年が舞台である。月軌道の周辺にあるラグランジュ点に浮かぶスペースコロニー群(作中ではサイドと呼ばれる)に人類の半数が居住している。その中で地球に最も遠い、サイド3にあるジオン公国は宇宙移民であるスペースノイドの独立を求め、人型機動兵器モビルスーツの開発成功を機に、地球連邦に独立戦争を挑んでいた。

そんな中、サイド7に住む少年アムロ・レイは、連邦軍が開発した最新モビルスーツ「ガンダム」の調査のため侵入したジオン軍との戦闘に巻き込まれ、偶然が重なってガンダムのパイロットになってしまう。ガンダムの母艦である最新鋭戦艦ホワイトベースもまた正規乗組員のほとんどを失い、アムロをはじめこれに避難した少年少女たちが生き残りの乗組員達と協力しながら地球へ向けてサイド7を脱出する。

posted by シャア at 15:23 | 日記

ガンダム

『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ(現・サンライズ)が制作し名古屋テレビをキー局として放送されたロボットアニメ。「ガンダムシリーズ」の第一作である。テレビ朝日系で毎週土曜日17:30 - 18:00にて1979年(昭和54年)4月7日から1980年(昭和55年)1月26日にかけて、全43話が放送された。

それまでのロボットアニメに、戦場を舞台としたリアリティに富んだ人間ドラマと、ロボットを「モビルスーツ」とよばれる一種の兵器として扱う設定とを導入したことでその変革の先駆けとなり、後に「リアルロボット」と称される大きな潮流を作った作品である。後にその人気を受けて劇場用アニメーション映画として再編・上映された。本作は「ガンダムシリーズ」の第一作であることから、ファンからはファーストガンダム(最初のガンダム)と呼ばれている。

posted by シャア at 15:19 | 日記

Z Z Zgundam

『機動戦士Ζガンダム』(きどうせんしゼータガンダム、Mobile Suit Z Gundam)は「ガンダムシリーズ」・サンライズ製作のテレビアニメで、『機動戦士ガンダム』の続編にあたり、名古屋テレビ放送をキー局としたテレビ朝日系で毎週土曜日17:30 - 18:00にて1985年(昭和60年)3月2日から1986年(昭和61年)2月22日まで全50話が放送された。また、2005年から映画化もされている。
posted by シャア at 23:19 | 日記

RX-78-2

ガンダムのデザイン
RX-78-2ガンダムのデザインは、ヒーロー然としたスーパーロボットのものから兵器然としたリアルロボットへの橋渡し役にあたるものであるといえる。例えば人間の目に似たデュアルセンサーあるいはサブカメラは、明らかに鉄人28号以来の主役ロボットの影響を受けている。角状のアンテナもスーパーロボットには必須のものである。一方で白を基調に青・赤・黄の色の三原色をアクセントとして配したカラーデザインは、より兵器らしさを求めた『機動戦士ガンダム』のスタッフと、ロボットアニメらしいカラーデザイン(ガンダム以前のロボットの色は赤・青・黄主体で構成されたことから「ロボット三原色」とも呼ばれた)を求めたスポンサー(おもちゃ会社など)の要求とのせめぎ合いの中で生み出されたものである。

posted by シャア at 23:56 | 日記

ガンダムシリーズ

ガンダムシリーズ (GUNDAM Series) は、日本のロボットアニメ作品『機動戦士ガンダム』に始まる続編・外伝など一連の作品群を指す。シリーズ内の各作品に関する、タイトルや発表年等に関してはガンダムシリーズ一覧を参照。

これらは、日本と世界のサブカルチャー界に多大な影響を及ぼすこととなった。展開されたメディアは、アニメの他映画、OVA、漫画、小説、コンピューターゲーム、特撮、プラモデル等と幅広い。

『機動戦士ガンダム』はロボットアニメでありながら、従来のヒロイックな戦いの描写を脱皮して確固とした世界観の中で国家、戦争、人物像を描き、モビルスーツと呼ばれる人型ロボット兵器はあくまで兵器のひとつ、小道具として扱われた。空想科学世界ではあるが、このようなロボット像はのちにリアルロボットと呼ばれ、以後のロボットアニメをSFの次元へ進化させることとなった。

posted by シャア at 04:11 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。