ガンダム

『機動戦士ガンダム』は、3機合体のロボットが主役の『無敵超人ザンボット3』、3段変形のロボットが主役の『無敵鋼人ダイターン3』に続くサンライズのオリジナル作品第3作として、富野喜幸(現・富野由悠季)を監督に据え、玩具メーカーのクローバーをメインスポンサーとして企画・制作された。

[編集]
作品の特徴とそれ以前の作品との比較
これ以前の1970年代当時は、一般にはアニメとは子供のものであるという認識、そして低俗なものでしかないという偏見があった。これは『宇宙戦艦ヤマト』や『ルパン三世』といった、高年齢層の視聴にも堪えうる物語を備えた作品の登場により徐々に認識が改まりつつあった。しかし1972年の『マジンガーZ』によってブームとなったロボットアニメは、従来の時代劇や冒険活劇同様、依然として基本的に勧善懲悪のストーリーで、すなわち強い正義感を持つ主人公が操縦する強力な巨大ロボットが技と武器を駆使し、悪の組織の敵ロボットや敵怪物を撃退し、最後に悪の組織を打ち倒して世界に平和を取り戻すというステレオタイプな物語であった。またロボットアニメは登場するロボットの玩具がメインスポンサーとなるおもちゃ会社の重要な商材であり、その売れ行きが番組そのものの命運を決めることから、主役ロボットには変形や合体など、玩具として魅力的なガジェット(仕掛け、機構)を備えることが求められた。これらのために、ロボットアニメは基本的に子供向けの作品という扱いが長らく続いていた。

posted by シャア at 11:57 | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。